>

心を開いて相手を理解することが一番

上達具合を確かめてみましょう

実は日常会話の英語は中学2年生程度の英語力で十分だそうです。
確かに私たちが日本語を話すときにはそんなに難しい言葉を使い続けることはないですよね。
無料ではありませんが、忘れてしまった英語を思い出すために、中学生程度の参考書でおさらいするのもいいでしょう。
もちろん文法を知らなくても話すことはできます。
でも上達してくれば意味がきちんと通じる会話をしたくなりますよね。
そして何よりも、積極的に話しかけること。
単語を間違っていても、文法がめちゃくちゃでも、恐れずに話しかける度胸は上達への近道です。
海外の方が私たちに片言の日本語で話しかけても理解しようと一生懸命聞くように、こちらが拙い英語で説明してもなんとか理解しようとしてくれる人もたくさんいます。
当たって砕けろ精神も英会話上達に必要なスキルですね。

相手を受け入れることが大切

英会話スクールの先生にどうすれば早く上達するか、と聞いたことがあります。
それはもう、留学して英語しかしゃべることができない環境で住むことだよ、と言われました。
こうやって日本語を話せるようになったのは、日本に住んでいるからで、みんな日本語しかしゃべらないでしょう?と笑いました。
それが叶わないのであれば、英語を話す友達を作ること、とも言われたのです。
恋人でも友達でも構わないけれど、相手を理解しようとする気持ちがあれば、言葉なんて自然に覚えるよ、とも。
人に興味を持ち、話をしたいと思い、共通の話題を探すように言葉が通じるようになりたいと願うことは、一番の近道だと思います。
語学が上達する極意というのは、実は相手を理解しようとする気持ちなのかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る